水素水で睡眠の質を上げよう!原因を抑え手軽にできる方法!

このページに訪れた人は夜なかなか寝付くことができず、水素水が良質な睡眠を取るのに効果があると聞いて訪れた人だと思います。
そこでこのページでは、水素水で不眠症だったり睡眠の質は上がるのか?について不眠症の原因とともに合わせて見ていきます。

 

不眠症や睡眠不足の原因

不眠症や睡眠不足の原因は、1つではなくいろんな要因が考えられます。
布団に入る直前までパソコンやスマホを見ていたりで目がさえてしまったり、飲酒、喫煙、手足の冷え、生活習慣の影響による体内時計の乱れなどなど、多岐にわたります。

 

睡眠について悩んでいる人にどんな症状で悩んでいるのか聞いてみるとだいたいの人が

 

・布団に入ってからなかなか寝付けない
・睡眠時間を十分にとっているはずなのに昼間眠くてしょうがない

 

この2つを上げる人がかなり多いんです。
この場合、ほとんどがストレスによる睡眠の質の低下だと考えていいでしょう。
ストレスを多く受けると、自律神経(呼吸等、人間の活動を支え、寝ている間も動いている神経)を過敏にさせます。
その影響で活性酸素が発生し、身体が緊張状態を引きおこし眠れなくなってしまうんです。
そこで、体内では、ストレスを抑えようとコルチゾールという物質が増加します。
これによりさらに脳が緊張状態に陥り、睡眠の質が低下したり、なかなか寝付けないといったことになってしまうんです。

 

睡眠不足が続くとどうなるのか…

睡眠不足は体に様々な不調をきたします。
なぜなら、身体は睡眠中に悪い部分を修復してくれるからです。

 

この体を修復してくれるのが成長ホルモンといわれるみなさんご存じのホルモンです。
睡眠不足が続くとこの成長ホルモンの分泌が少なくなるため、身体の修復が追い付かなくなり、老化につながってしまうんです。
つまり、身体を若々しく元気に保つには良質な睡眠が不可欠ってことですね。

 

簡単に睡眠の質を上げる方法

さきほど、成長ホルモンが身体を若々しく元気に保つことにおいて重要だと書きましたが、その成長ホルモンをより分泌させるためには、実は眠りはじめの3時間が重要だったんです!
睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるのは効いたことがある人は多いと思います。
レム睡眠では、記憶整理が行われていて、記憶を定着させたり、不要な記憶を忘れたりの記憶整理が行われています。
この時間は眠りが浅く、成長ホルモンは分泌しないのです。
つまり、成長ホルモンが分泌するのは、寝始めから3時間までの深い眠りのノンレム睡眠の3時間だということになります。
このノンレム睡眠の3時間の質をいかに高めるかを考え、寝る前に対策を取る必要があるわけです。

 

人間は、眠気に襲われる前には、体温が下がるようになっています。
そこで、誰でも睡眠の質を上げることができる簡単な方法がお風呂の入り方を工夫して寝る直前に体温を下げることなんです。

 

就寝の1時間前に湯船にしっかりとつかり体を温めておきます。
お風呂につかり体温を上げておくことで、寝る直前に徐々に体温が下がり始め、自然と眠気を誘発することが可能になるんです。
次は、水素水が睡眠に与える効果とより効果のある取り入れ方についてお伝えします。

 

水素水の睡眠への効果

水素水が睡眠に与える効果として2つ解説します。
まずは最初に睡眠不足や不眠症は主にストレスによる場合が多いと書きました。
このストレスにより体内に活性酸素が発生します。
この活性酸素を水素が除去することで、神経を落ち着かせることができるんです。
眠るときは副交感神経が優位に働きます。
水素はこの副交感神経を優位に働かせリラックスさせてくれるので、緊張状態をといてくれるんです。

 

さらに、単純に眠気の妨げとなる活性酸素はいろんな行動で発生しますが、これをとりのぞいてくれます。
たとえば、寝る前のタバコや飲酒なども活性酸素の原因となりますが、水素水を飲んでおくことで、これらが睡眠の妨げになるのを防いでくれます。

 

水素の効果的な取り入れ方

睡眠の質を高めるための水素を取り入れ方でおすすめなのは水素水と水素入浴の2つです。

 

どちらも、体内の活性酸素を除去し、身体をリラックスさせ、副交感神経が優位な状態にしてくれるんです。
水素風呂に入り、身体の芯まで温めてから、水素水をお風呂上りに飲むとなおいいですね。

 

水素濃度チェック済みの水素水一覧→