水素水が便秘に良い4つの理由!!

水素水が便秘に良い3つの理由を解説していきます。
そこで、まずは便秘がどんな原因によって起きるのかについて詳しく見ていきましょう。

 

便秘の原因

便秘の原因は、下に挙げた7つもあります。
この中には女性特有の原因もいくつかあり、女性が便秘になりやすい原因もうなづけます。

 

1、妊娠中の便秘

便秘は女性がなりやすいと言われています。
なぜなら子宮があるためどうしても腸を圧迫しやすいんです。
特に妊娠中に便秘になりやすいのは、これが理由。
お腹が張って、普段よりもさらに腸が圧迫される形になりますよね。

 

2、水分不足

水分不足になると、便に含まれる水分も少なくなるのでその分固くなり、排出されづらくなるんです。
むくみなどが気になる場合でも、水分摂取はこまめに行いましょう。

 

3、睡眠不足

睡眠時は副交感神経が優位に働いている、いわばリラックスした状態です。
腸はリラックスした状態で、活発に働き便を作るんです。
つまり、睡眠時間が短いと腸の活動が鈍ることになります。

 

4、ストレス

ストレスを感じると、腸の筋肉や血管が緊張状態になり、働きが低下します。
お腹がぽっこりしたり、肌荒れなんかにもつながってしまいます。

 

5、食事制限ダイエット

食事を制限するダイエットは、食物繊維や水分が不足するため腸の働き(便を排出しようと押し出す運動)に影響が出てしまいます。
よく、便秘改善のためにヨーグルトや玄米、野菜など食物繊維が豊富な食事を心掛けていて、なかなか便秘が改善しないって人もいますが、その場合は4のストレスが原因の場合が多いんです。

 

6、運動不足

運動不足は、便を排出するための伸縮運動などにも役立つ筋力を鍛えることができます。
運動不足になると筋力も落ち、ストレスも増えるので便秘になりやすくなります。

 

7、排便の我慢

女性に多いですが、公共のトイレや職場などで恥ずかしくてトイレを我慢してしまうと便秘になったりもします。

 

 

水素が便秘に効く4つの理由

水素水と便秘の関係は、はっきりと解明されたわけではないが、水素水を飲んだことから便秘が改善したという口コミが多いです。
そこから、水素が便秘に対して与える考えられる良い影響について4つ挙げてみます。

 

1、水分が塩分や老廃物の排出に役立つ

便秘の原因でも言いましたが、体内の水分が減ると便が固くなり排出されづらくなってしまいます。
水素水を飲むことで体内の水分が増え、便が柔らかくなり結果的に便秘の改善につながることがあります。

 

2、血流がよくなるから、便秘も改善する

便秘は腸の緊張状態が続くことで、血流が悪くなり便を押し出す機能が弱くなると書きました。
水素は、体内の血流を良くするのでその効果が腸の働きもよくするのではないかと言われています。

 

3、水素はグレリンを胃から分泌する効果がある

グレリンは副交感神経を優位にしリラックスさせる効果があります。
便秘の時のお腹の状態は、筋肉が張って血液の循環が悪くなっている状態なんです。
そこで、水素を飲むことによりグレリンが分泌され緊張をほぐし血流が良くなるので、腸の活動も活発になるんです。

 

4、ストレス解消

水素水は、体内の細胞を傷つける活性酸素を除去します。
活性酸素が多いと身体は、活性酸素の除去に力を使いますが、その分細胞には強いストレスがかかります。
水素で活性酸素を除去した分、ストレスが軽くなり、腸の働きや血流も改善し便秘改善につながると考えられます。

 

 

便秘は放っておくと、便から出る腐敗物が血液を通して全身に回ってしまうので肌が荒れたり、頭痛や疲れやすくなったりといろんな体の不調をきたします。
水素水で「美腸」をめざし、体の内側から綺麗にすることで、外見が美しくなることにもつながります。
毎日の水素で美腸を目指しましょう♪