水素水が歯周病に良い理由がわかる!

水素水がなぜ歯周病に良いのか?についてわかりやすく歯周病の原因から見ていきます。

 

目次

 

歯周病の原因

歯周病の原因は、ほぼ歯に付いた糖分などの食べ残しです。
食事の後の歯磨きが不十分だと歯に残った食べ残しをエサとする、元々口に住み着く細菌が、歯のネバネバとなって付着します。
これが24時間経つとまずプラーク(歯垢)になります。
さらに、48時間経つと、歯石になってしまうんです。
歯石になると歯ブラシでは落ちないので歯医者さんでのメンテナンスが必要になるんです。

 

この歯石には歯周病菌がどんどん住み着き、進行させる毒素を出し続けます。
つまり、歯周病菌の進行を止めるには、食べ残しを歯に残さないことと歯石を作らないことが大事なんです。

 

歯周病の症状が進行すると最終的に、歯を支える歯茎と歯の間に隙間が出き、歯がぐらぐらしてくるようになるため、抜歯が必要になってしまいます。

 

さらに、歯周病はストレスでも症状が進行していきます。
強いストレスは身体の免疫力を低下させます。
この免疫力の低下が歯周病が悪化する原因になるんです。

 

つまり、ストレスを上手く発散することも大事になってくるというわけですね。

 

▲目次に戻る

 

水素がなんで歯周病に効果があるのか?

歯周病の原因のほとんどが、食生活や歯ブラシが不十分なことがあげられます。
これは、個人で気を付けて対策していくしかありません。
歯医者さんでのメンテナンスや個人のブランシングの強化で歯周病の進行は止めることも可能です。

 

ただ、歯周病をより進行させてしまうストレスに対してなら水素が役に立ってくれるんです。

 

過度なストレスは、免疫力を低下させるだけでなく体内の活性酸素の量も増やします。

 

さらに、炎症があるところには必ず活性酸素が発生するので、歯周病によって体内の活性酸素量がさらに増えてしまうんです。
この活性酸素が老化や、体内の別の炎症だけでなく歯周病を悪化させる原因にもなるんですね。

 

そこで水素を取り入れることで、体内に増えた活性酸素の量を減らします。
最近では、歯周病の研究も進み、活性酸素の量を減らすことで歯周病の進行を止めたというデータもあるんです。

 

水素を取り入れるだけでは、当然歯周病は治らないので、個人が食事や食後のケアに力を入れる必要があります。
ただ、水素を上手く取り入れることで症状を抑えることができるので、歯ブラシとセットで水素も取り入れたいですね。

 

▲目次に戻る

 

歯周病に効率よく作用させるためにベストな水素の摂取方法

歯周病に効率よく作用させるためにベストな水素の摂取方法についてまとめます。

 

歯周病予防(=体内の活性酸素量の低下)に作用する水素の摂取方法は以下の3つです。

 

  1. 水素水
  2. 水素風呂
  3. 水素サプリメント

 

この3つどれもおすすめですが、管理人が一番おすすめしたいのが1番目の水素水です。
水素水は、誰もが必ず毎日摂取する水を水素水に変えるだけなので、手軽に摂取できる点がおすすめする一番の理由です。

 

副作用のない水素は、朝や、昼食時、またはストレスを感じた時、夜寝る前など自分の好きなタイミングでいくらでも飲めます。
毎日のデンタルケアに水素水を加えてみるのもいいと思います。

 

実際にわたしが今まで飲んでみた水素水に水素が本当に入っているかの実験もしているので水素水の体験レビューも興味があれば読んでみてください。

 

水素濃度チェック済みの水素水一覧→

 

▲目次に戻る