水素講座2限目〜水素は美容・健康とこんなに体に効果があった!

 

前回までで水素がなぜ健康や美容にいいかについて書きました。
ここでは、水素を取り入れると実際に体にどんな良い影響が表れるのかについてみてきます。

 

嬉しい水素のいろんな効果

水素を体に取り入れることで得られる効果を下記にざっと挙げてみました。

 

 

美容

・くすみ
・シワ
・毛穴
・ニキビ
・目のクマ
・シミ、そばかす
・小鼻の赤み
・乾燥肌

 

 

健康

・ダイエット
・二日酔い
・冷え症
・肩こり
・体の疲れ
・むくみ
・筋肉痛
・不眠症
・花粉症

 

 

病気

・メタボ
・糖尿病
・がん
・パーキンソン病
・脳梗塞、心筋梗塞
・動脈硬化
・アトピー性皮膚炎
・アルツハイマー病

 

すごいですよね?
こんなにあるんです!

 

前の講義で、老化や病気の原因は水素が取り除いてくれる活性酸素が原因だと書きましたが、上を見るといかに活性酸素が原因の症状が多いことがわかりますよね。
これらの症状にどう効果があるのかについてはそれぞれの症状をクリックした飛び先で解説しています。

 

水素の取り入れ方

水素の良さについてはここまででだいぶわかってもらえたかと思いますが、肝心な水素の取り入れ方についてみていきます。

 

取り入れ方は現在では水素水、水素風呂、水素サプリ、水素化粧品などがあります。
1つ1つ見ていきましょう。

 

水素水

今一番人気もあって毎日の生活で一番とりいれやすいのがこの水素水です。

 

だいたい1本300ml〜500mlのミネラルウォーターに水素水を充填しています。
アルミボトルやアルミパウチタイプ(ういだーインゼリーのような容器)などいろんな容器で売られているのが特徴で、それぞれ水素が逃げにくい素材を使って工夫されています。

 

水素水を飲み終わってから10分ほどで体に吸収されていき活性酸素に働きかけます。
デメリットはというと、一回封を開けると3時間ほどで水素が逃げてしまうこと。

 

その時の体調や人によっては、一度に300ml程度の水を飲むのが辛いって人もいるでしょう。

 

現在では、水素を発生させる装置が付いているサーバータイプもありますが、本体代が高いのが難点です。

 

水素水の詳しい飲み方の注意点や効果についてはコチラ→

 

水素風呂

水素風呂なら全身に手っ取り早く水素を取り込めるのが特徴です。
水素風呂には、水素入浴剤と水素発生機器があります。

 

水素入浴剤はマグネシウムに水素分子を溶け込ませた粉末をお湯に入れ、水と反応させることでぶくぶくと泡が出て水素が発生します。
お湯につかり始めて約7分間で全身にまわります。

 

管理人も水素風呂はかなり好きで、普通に入るよりも圧倒的に体があったまるからおすすめです♪
汗もかき代謝もよくなるし、血行促進にもなるので冬場や冷え症の人なんかにもいいですよ。

 

水素風呂について詳しくはコチラ→

 

水素サプリ

水素サプリのメリットは以下の4つ!

 

・簡単に持ち運べる
・外出先でも手軽に飲める
・すぐに水素が抜けない
・水素水を一度に飲むのが苦手って人でも大丈夫

 

旅行先や出先などでも簡単に取り入れることができるのがメリットです。
さらに、1粒で水素水を1リットル飲むのと同じ効果が得られるサプリもあるので、水を一度に飲むのが苦手だって人におすすめです。

 

水素サプリについて詳しくはコチラ→

 

水素化粧品

肌のココに炎症があるからどうにかしたい!って時に水素入り化粧品が役立ちます。

 

シミ・くすみ・ニキビ・乾燥肌なんかはほとんどが活性酸素が原因です。
つまり活性酸素を取り除けばこれらの症状を抑えることができるんでしたよね。

 

そこで現在市販されている水素入りの化粧水・ローション・クリームをピンポイントで使うことで症状を緩和させることができるわけです。
水素を効率よく働かせるためにも直前で水素入りマグネシウムと水分を混ぜ合わせて水素を発生させるタイプなんかもあるんですよ。

 

顔の赤みや乾燥などにも、とにかく気になる部分にピンポイントで使えるのがおすすめです。

 

水素化粧品について詳しくはコチラ→

 

 

お疲れ様でした。
ここまでで、水素についての初級講座の終了です。

 

水素マニアを自負する管理人がそれぞれの水素を試したおすすめランキングはこちらをどうぞ→

 

関連ページ

水素講座1限〜今話題の水素って何!?
今なにかと話題の水素っていったいなんなのか!?わかりやすく解説します。