水素水が肩こりに効果がある3つの理由!

水素水が肩こりに効果がある3つの理由について肩こりの原因から、なんで水素が肩こりに良い影響を与えるのか?についてみていきます!

 

目次

 

肩こりの原因

意外と肩こりの原因についてなんとなくはわかるけどはっきりしていない人も多いのではないでしょうか?
ここでは、肩こりの原因を簡単にまとめます。

 

  • 乳酸が肩にたまり筋肉が固くなり炎症を起こすため
  • 運動不足による筋肉の減少
  • ストレスによる血流の悪化
  • 冷え症
  • 長時間のデスクワーク等による血流の悪化

 

これらの原因を見てみると、わかるのが肩こりにはどれも血流の悪化が影響しているということ。

 

たとえば運動不足。
運動不足が続くと筋肉が減っていきます。
筋肉は血液を送り出すポンプの役割をしているのでそれだけ血流の悪化につながります。

 

また、首と肩は5キロ程度ある重い頭部を支えるため常に負担がかかっている状態です。
さらに、最近ではデスクワークやテレビゲームなどで同じ姿勢を長時間取ることが多くなったのも肩こりに悩む人が増えた原因だと言われています。

 

同じ姿勢をとり続けて、肩や首を圧迫し続けると徐々に血液の巡りが悪くなってきてしまうんです。
血液の巡りが悪くなってくると酸素を肩や体中に送れないため、酸素不足になってしまいます。
肩こりは、血流悪化により筋肉が疲れてしまっている証拠なんですね。

 

▲目次に戻る

 

水素が肩こりに効果がある3つの理由

肩こりの一番の原因は重い頭を首と肩のみで支え、その姿勢を継続する事で筋肉に負担がかかることからの血流の悪化だと上で説明しました。
つまり血流を改善することが肩こりを改善する一番の方法ということになります。

 

そこで、水素が血流改善をはじめ肩こりの改善にどう効果があるのか?3つに絞ってお伝えします。

 

1、水素には血流の改善効果がある!

国際医療福祉大学の研究では水素には、血流の改善効果と血管の拡張効果があることがすでにわかっています。
これが、水素水を飲んでいる人が口々に「肩こりが良くなった」と言う理由だと考えられます。

 

2、水素には乳酸の増加を抑える効果がある

水素を運動の前に飲むことで乳酸が増えるのを抑える効果があることが研究でわかっています。
つまり、それだけ筋肉の疲労を抑えることができるので、肩こりにもなりにくいと言えます。

 

3、水素には抗炎症作用がある!

水素には抗炎症作用があるのため、重度の肩こりによって起こった炎症も抑えてくれます。

 

炎症は体を守るためにおこるものですが、肩こりが続くと炎症物質が発生しています。
水素はこれを抑える効果もあるんです。

 

▲目次に戻る

 

肩こりに効果的に水素を取り入れる方法

ここまでで水素が肩こりに効果的であることがわかったと思います。
そこで、肩こりを改善するために効率よく水素を摂取する方法についてお伝えしていきますね。

 

管理人がおすすめする摂取方法は2つ。
水素風呂入浴と水素水です。

 

水素水は、最近話題なので知っている人も多いかと思いますが、手軽に飲めるのがメリットです。
水素を溶かし込んだミネラルウォーターをアルミパウチに詰めたタイプで持ち運びできるのも便利なので仕事場やジムなんかにも持って行けるんです。
水素水って本当に水素が入ってるの?って思う人もいるかもですが、実際に管理人は水素水を毎日飲んでいて、水素濃度も計測していますが、本当に水素が入っているのでおすすめですよ。

 

水素風呂入浴は、粉末状の入浴剤や水素発生器を湯船に沈めることで水素を発生させ入浴します。
どちらかというと、手軽なのが粉末状の水素入浴剤なので、初めての人にはこちらがおすすめです。
水素風呂は、ゆっくりつかることにより全身から水素が体を巡り、炎症がある部位に作用します。

 

肩こりで起きている炎症を取り除き、血行を良くするのでダブルの効果が得られるんですね。
水素風呂から出た後に水素水を飲めばさらに完璧です。
ちなみに、管理人は毎日実践してます。

 

水素濃度チェック済みの水素水一覧→

 

水素風呂に関して詳しくはコチラ→

 

▲目次に戻る